銀杏酒店

いつになったらオタク辞められるんだろう。

UNBが解散した話

 

2019年1月27日、初めてアイドルグループの最期を目の当たりにしました。この話をすると100発100中でWanna Oneと間違えられるのですがUNBの話です。

2017年に始まったThe UnitというKBSのサバイバル番組から始まったこのUNBはついに日本でのファイナルコンサートを持って解散となりました。去年末にこのコンサートの公示が出た時は「このコンサートで解散なのか」「解散する前最後の日本でのコンサートなのか」と混乱させられましたが、本当に解散だったみたいです。

The Unitは言うまでもなく韓国国内で放送されていた韓国の番組で、韓国のアイドルグループメンバーを対象にしていて、韓国人の方々の応援によって出来上がった部分が大きいです。例えばアイズワンのような日韓合同プロジェクトで出来上がったグループなら日本で解散コンサートをするのも理解出来なくはないですが、日本人の私からしても「なんで日本で解散するんだろう」と思わざるを得ませんでした。まあ詳しいことは本人たち(もしかしたら運営のみ)にしかわかるまい。東京で解散してくれたおかげで解散コンサートに行けたんですから感謝するしかないですね。正直韓国でイベントをするなりデジタルシングルの発売をするなりくらいはあっても良かったんじゃないかと思うけど。

UNBが日本に初めて来たのはおそらく3月の初ファンミ。この頃私はまだUNBのことを知りません。The Unitも見てない。私がUNBのことを知ったのは他でもないBLACK HEARTです。BLACK HEARTについてはこちらのブログ内で死ぬほど語っています。初めて彼らを生で見たのが7月の1stコンサートで、次に9月の2ndコンサート、そして今回のファイナルコンサートに至ります。

初めは「BLACK HEARTがどうしても生で聴きたい」という気持ちのみで行ったコンサートでしたが、自然とメンバー個人に対しても情が湧いて来てどうしようもなく好きになってしまってたんだな、と感じました。今までのアイドルとは少し違う。「デビュー済み」のアイドルたちが集まったUNBの凄さと注目ポイントについてまとめます。

 

とにかくパフォーマンス力がすごい

ドユニは実力主義なサバイバル番組だったんだな、と思います。普通のアイドルグループなら一人はいる「何も出来ないけど顔が可愛い」みたいな人がいない。メンバーが決定したときには「歌えるメンバーが少ない」と非難されたみたいですが、むしろ私はUNBを見て「歌えないメンバーが少なすぎる」と感じます。元のグループでもメインボーカルを張るチャンくんはもちろん、本当はラッパーのジュンくんもめちゃくちゃ歌が上手くてめちゃくちゃ声量がある。ダンス担当のデウォンさんも上手い。本当はラッパーのピルドクや本当はラッパーのウィジンも全然音外さない。BLACK HEARTにはまさかのマルコ以外全員ボーカルのパートがあります。ダンスに関してはこれは言うまでもない。BLACK HEART見れば分かるでしょ。ちなみに最初クルクル回ってる人はメンバーじゃないけどメンバーそれぞれのポテンシャルが高くなきゃあのパフォーマンスはできないからね。アイドルルームで一人ずつフリースタイルダンスを披露させられる結構力量が試される企画があったのですか2人を除いて(この2人もダンスは普通に上手いが)7人がおふざけなしでクソ上手いダンス踊ってて興奮しました。過去このレベルのダンスの個性を持ったアイドルはいなかったのではないでしょうか。

 

思っていたより仲が良い

私たちがアイドルを見ることができるのは例えば音楽番組だったり、動画生配信だったり、コンサートだったりと人前に出て来てくれるタイミングしかありません。BLACK HEARTの活動終了後は日本コンサート以外特に活動もなくそれぞれバラバラになっているのだとばかり思い込んでいました。でもコンサートの練習のために集まったり、それ以外でも一緒に作業したり、ご飯食べたり、訳もなく呼び出して遊んだり、私たちが見えないところでメンバーたちは色んなことをしていたんだな、と今更気づかされました。UNBは上は90lineから下は01lineまで非常に年齢差もあります。人見知りっぽいメンバーも多いです。でも仲が良い。サバイバル番組から生まれたという性質上、ライバル的な一面が無くもないメンバーたちですがそれも良い。お互い多方面に才能があるがあることを認め合っているからこそ刺激しあって高め合える良い経験になっているのかもしれない。UNBは仲の良いグループでもあり、ライバル同士でもあるんです。

 

既存グループとの気持ちの切り替え

これは主にチャンくんの話になります。チャンくんが所属するACEが普通に好きでコンサートにも行ったりするのですが、それぞれの場でほとんど違うグループの話を出さない。むしろUNBやACEのメンバーが話をすることはあっても本人から名前を聞くことがない気がします。だからと言ってどちらかに気持ちが偏っているわけでもなさそう。BLACK HEARTの活動初期にチャンくんが自分のリュックにACEのメンバーたちのバッジをつけていた事件(?)が発生したり、正直ACEの方が思い入れがあるのかとも思ったりしてました。でもどっちにも同じくらい思い入れがあったんでしょう。コンサートのVCR内でピルドクがチャンくんに「ACEでもUNBでも同じチャンだから」のような話をしていましたが、色々思うことがあったのかもしれません。結局何が言いたかったのか。とにかくUNBにACEを持ち込まないチャンくんがとても好きです。かっこいいです。

 

ファイナルコンサートの東京公演2部。本当にUNBとして最後のステージでした。デビュー曲にして神曲の「感覚」から始まりこれまでのアルバム収録曲を中心にして、ほかにもユニットステージや未公開VCR(1stコンの時は既存コンテンツが流れていたこともあった)メンバーからのメントまでたっぷりの三時間でした。UNBはこれまでに2枚のミニアルバムとDVD収録曲しか発売しておらず持ち曲が少ないのですが、コンサートの際に毎回準備されるユニットステージのクオリティがすごく高い。しかも1部と2部で構成を全く変えてくる。そこそこ忙しいメンバーも多い中すごいとしか言いようがない。UNBは一つのグループであり、それぞれ違う中学のヤンキーの総長たちが同じ高校に入学して最強ヤンキー集団になったみたいな雰囲気がありますよね。昔から一緒にずっと練習して来たわけじゃないし、普段もいつも一緒にいるわけではないので「絆」と言うより「戦友」「ライバル」みたいな雰囲気があるのでお互いの意地がぶつかり合うダンスステージやボーカルステージが大好きです。またピルドクを中心として創作意欲のあるメンバーも多くて自作曲や自分たち振り付けの曲も多く披露されて来ました。あんなに創作意欲に溢れるピルドクやデウォンから表現の場を奪ってしまったらどうなるんだろう・・・と心配になります。これからも続けて行ってほしいし、できればステージの上に立つことをやめないでほしい。

本編最後の曲に行く前のメントで マンネのキジュンくんが「UNBのマンネとして誇らしくて」と言った後に声を詰まらせて泣き始めた途端に会場中からすすり泣く声が聞こえ始めました。コンサート中に主にジュンくんやウィジンさんが言っていたのは「これは悲しいことではないから泣かないでください」と。本人たちもとにかく悲しいということを口にしてはならないような雰囲気がありました。多分オタクが泣き崩れることを予想していたんだと思います。悲しかったであろうキジュンくんやマルコもメンバーになだめられていましたが悲しいなら悲しいって言ってくれれば良かったのに。最後までUNBはUNBでした。大人すぎる。ファンを悲しませちゃいけないってそういうことばっかり考える。ファンとのお別れでもあるけど彼らの最後のステージでもあるんだからもっと弱音吐いたりお互いを慰めあっても良かったんじゃないかと不安になりました。元々アイドル再起プロジェクトとして始まったんだから、これからの活動を見据えて行くのもおかしくないことかもしれませんが。でもやっぱり悲しい。短いような長いようなきっと彼らにとって色々なことがあった一年だったと思うけど、本当にお疲れ様でした。これからもメンバー同士仲良く過ごして、音楽番組で再会して、タイミングがあればまたみんなで集まって私たちの前でパフォーマンスしてください。UNBを応援してて本当に楽しかったです。今まで本当にありがとう。

 

2019年に9MUSESを聴いてみた

 

どうも、K-POP懐古厨です。

本日はタイトルの通り、2019年の1月だからこそナインミュージスを聴こうと思います。(すでに最近聴きまくっていますが)

なぜ私がここにきてナミュの曲を聞いているかと言うと、きっかけはTwitterの良さげなケーポオタクをパトロールしていた時に出会った「ナミュのWildはトリプルクラウンを取っていてもおかしくない(ほどの名曲である)」というツイートです。

ナミュか〜・・・ナミュは昔から選り好みして聞いている2曲がありました。

 

一つ目はGUN(2013)

건 (GUN)

건 (GUN)

  • provided courtesy of iTunes

 後にも先にもカウガール(?)コンセプトをやったアイドルを私は知りません。カウガールというよりはテキサス州のど田舎で毎日どんちゃん騒ぎして遊んでるえっちなお姉さんたちコンセプトと言ったところでしょうか。好き。

 

そしてGLUE(2013)

Glue

Glue

  • provided courtesy of iTunes

 衣装が〜〜〜〜エロい〜〜〜!長くて細い手足を生かす黒い全身タイツ。ミナちゃんの声が可愛い。

 

この頭文字Gシリーズがケーポハマりたての時代(当時ヨジャドルオタク)から好きで時々無性に聴きたくなっては「っは〜〜〜〜良い曲〜〜〜」になっていました。でもWildってあんまり聴いたことない。2015年の三曲もよく聴いてたけどそれ以降の曲もあんまり知らない。ということで毎度お馴染みのApple Musicにあるナミュの曲を一通り聴いてみました。

 

感想:全部良い

 

全部良いです。びっくりした。Dolls聴いてちょっと涙出ました。良過ぎて。

Dolls

Dolls

  • provided courtesy of iTunes

 イントロから好き〜〜〜〜ってなるやつね。またブラスサウンドじゃん。最高に良い女になれる。夜道を闊歩したい。作曲はやっぱりSweetuneでした。だろうな。スウィチュンの曲が嫌いなK-POPのオタクいませんからね。

 

What Is Love?

What Is Love?

  • provided courtesy of iTunes

Dollsのアルバムのイントロ、What is love?もすごく良いです。「飴のように甘いんだって♡」じゃないんですよ。「愛ってなんなの・・・」ってバーカウンターとかで言っててほしいですねリュセラ様に。

 

뉴스 (News)

뉴스 (News)

  • provided courtesy of iTunes

 個人的にナミュ初期の代表曲はこの曲です。エロさよりもカッコよさを売りにしてて好き。小学生の頃聴いてた気がするけど、小学生にナミュの情緒が理解できているのかは不明。

 

DRAMA

DRAMA

  • provided courtesy of iTunes

 これは・・・!!!!当時受験生でスマホを没収されていた頃にウォークマンで死ぬほどダンスプラクティスを見てました。多分全メンバーの動きわかるし、全部振り付けもわかる。ナミュ近現代史では最高の曲だと思う。Wild期の9人もいいけど、このころの戦闘力弱そうなナミュも好き。初期よりもセクシーさやダークさが少なくなってだいぶポップになりましたね。

 

CHOICE

CHOICE

  • provided courtesy of iTunes

 これは最近初めて聴いてめっちゃ良かった曲。めっちゃ良い。(語彙力)

 

Figaro

Figaro

  • provided courtesy of iTunes

 ここでデビュー曲に戻ります。ギョンリ加入前だから今のメンバー誰もいませんね(もう4人しかいませんが)。デビューからブレないスウィチュンサウンド。最近のおしゃれポワンポワンサビで歌わないトロピカルハウスなんちゃらな曲も良いですが、K-POPの基盤ってここじゃんね?!

 

Wild

Wild

  • provided courtesy of iTunes

 今回私がナミュ懐古をするきっかけとなったWild。確かに音源聴いて見たら曲は良いんだけど、やっぱりMVの19禁の文字でどうも萎えてしまう。ナミュは全員スタイルがよ過ぎていやらしさ無いけどさ・・・まあ曲が良いことには変わらない。でもGlueとかGunとかNewsとかDollsとかDRAMAの方が好きかな。

 

 

最後に番外編ですが、この曲がめちゃくちゃ好き。


NASTY NASTY (네스티네스티) - "노크 (KNOCK)" Dance Practice Ver. (Mirrored)

トリプルH?ちなみにソジンちゃんは当時スター帝国の練習生で「なぜ一概の練習生が・・・」と思っていたら、その後ナミュに加入しましたね。今もいる。

 

あ〜夜は眠れないしお腹は空くしも好きだしHurt Lockerも好きだしTicketも好きだし唇と唇〜の曲も好きだしキオケ・・・も好きだしギョンリのソロのBlue Moonもっ(以下略)

 

以上K-POP懐古でした。

YG宝石箱、ハルトくんとジョンウくん頑張れ〜!

 

 

今年の10曲なるもの

 

散々書いていた今年のタイトル曲ランキングトップ20は一体何だったのか、という。

今年好きだった曲というか今年めちゃくちゃ聴いたな〜という曲たちです。

 

 

SHAUN - 생각나


숀 (SHAUN) - 생각나 (THINKING OF YOU) (FT. 오반 (OVAN), SUMIN) [ALBUM TAKE]

SHAUN自身のことは今まで知らなかったんですけど、とにかくWay back homeが売れる、売れる、売れまくるので聴いて見たらめちゃくちゃハマったのがこちらの曲になります。Way back homeも優しくて暖かくておしゃれで良い曲なんですけど初めてセンガンナを聴いた時の衝撃たるや。タイトル曲に比べて電子音が多くてすげー都会的な音がする。渋谷や原宿の都会感というよりは丸の内とか銀座のオフィス街という感じ。とにかくオシャレなのでこれを聴きながら街を歩いてると「私が一番良い女だ・・・」みたいな気分になれます。これはDPR LIVEのRight Here Right Nowに通じるものがある。とにかく今年いっぱいずっと聴いてたね。最高。

 

ONF - Fly Me To The Moon


온앤오프 (ONF) - Fly Me To The Moon (Performance ver.)

私をフューズ(オネノプのファンダム名)へと引きずり込んだ曲です。アルバムのサブタイトル曲に位置付けられていて音楽番組でも何回か披露されてました。CompleteにはCompleteの良さがあるので優劣はつけられないけど、発売時から今まで一番好きな曲はFMTTMかなと思います。Completeよりかは少し憂いを帯びていて大人っぽい雰囲気があります。何と言っても間奏部分のダンスブレイクが好きで、フロントを固める99lineマンネラインのダンスがバキバキなのがすごすぎて何回見ても笑ってしまいます。あとミンギュンとヒョジンが鏡になって踊るとこも好きだし、2番サビ前の「두근두근 뛰는 내 가슴을 증명하고 싶어」の変な振付も好きです。コレオまで最高か?そしてクラスメイトの水口佑都と付き合いたい人生でした。以上。

 

Golden Child - IF


뮤직뱅크 Music Bank - IF - 골든차일드(GoldenChild).20180817

こちらもサブタイトル曲、というかカップリング曲。個人的にLET MEはゴルチャの曲の中ではそこまで好きではないのでIFに対する思い入れが強くて、もはやこっちがタイトルだと思い込んでる節があります。ゴルチャ名物のメインボーカル2人(ジュチャンとY)が大活躍してて気持ち良い。メインボーカル2人でサビを回していくスタイル最近少ないよね・・・初期ガッセの潔いパート割が好きでした(何の話)それは置いといてこの2人も良いんだがこの曲のミソは何と言ってもジボム、ひいてはラスサビジボムパートの急な転調が好きすぎてここだけ無限リピートしてます今もなお。ゴルチャのアルバム収録曲はそれもタイトル曲の雰囲気を残しつつ、個性的でめちゃくちゃ良い曲しかないですね。全部聴きましょう。

 

WJSN - 仮面舞踏会


WJSN (우주소녀) - 'MASQUERADE(가면무도회)' LYRICS (Color Coded Han|Rom|Eng|가사)

タイトルですでに優勝が決まってしまっているのですよ。サブタイトル曲でも何でもないのでステージ映像がないのが残念なんですけど、もしこの曲やるならメンバーそれぞれ違うデザインのドレスとか着せて、バチバチにイメージ固めて披露してほしい。この曲はとにかく歌詞が激やゔぁい。完全にシンデレラじゃないですか。無理じゃん。こんなに可愛い女の子13人(10人ですけど)が「私みたいな女とあの王子様では身分違いすぎる・・・でも少しでも彼に近づきたいの・・・※意訳」って歌うの本当に夢ソングだな〜と思います。あとはイントロがすごく仮面舞踏会でテンション上がる。そこから急に韓ドラのOPみたいなイントロに変わるのも良い。この曲はウジュが歌うからこそ趣があって良いんですかね。みんなお姫様だよ。

 

TRCNG - GAME CHANGER


TRCNG - GAME CHANGER

まさかの日本オリジナル曲ですが今年一番聴いたJ(日本語の)-POPです。謎のWEGOコラボで微かに話題になったりならなかったりしましたが、とにかくこの曲は至極。韓国ではどちらかというと全員未成年のTRCNGにとっては少し大人なコンセプトをさせられがちな彼らが初めて歌った爽やか夏ソングということになります。NCT127のChainを見ていて、もはや日本で出すシングルがカムバックに含まれているみたいなところがあるな〜と思っていましたがまさにこの曲もそう。歌詞の内容も薄くて衣装がめちゃくちゃラフでMVもプールで遊んだりお金が出てくるおもちゃで遊んだりと非常にありきたり。でもそのありきたりさがいいんじゃないか。みんなありきたりが好きなんだよ。来年のTRCNGの活動がすごく楽しみです(カムバの気配なし)

 

 

一旦CMです。

〜2018年の曲ではないけど今年よく聴いた曲〜

TRCNG - Don't Stop The Dancing

歌い出しのハヨン氏へ。未成年にこんなこというのはどうかと思うけどエロ・・いなと思います。お姉ちゃんはあなたの早すぎる成長が心配です。あとカンミンちゃんに「시선들을 느껴봐~」の部分歌わせた人誰ですか?!金一封を差し上げます。

 

Weki Meki - Stay with me

タイトルよりもサブタイトルの方が100倍好きでお馴染みのウィキミキちゃん。エモくてオシャレ。エモくてオシャレで夏っぽい曲のことを総称する言い方があったはずだけど忘れました。セイちゃんの声質は唯一無二ですね。

 

本題に戻ります。

 

 

 

 

NeonPunch - MoonLight


[M/V] NeonPunch(네온펀치) 'MOONLIGHT' M/V

大穴。今年のヨジャドル20選でも当たり前のような顔して居座ってましたけど、ネオンパンチの知名度は多分めっちゃ低いです。ただし曲が良すぎていつも驚く。メンバーの顔は誰1人として分からないのに曲がこんなに好きなことありますか?しかもデビュー曲ですよ?とにかく今年はEDMとブラスの融合みたいな曲に惹かれまくったことがわかります。コレオがびっくりダサくて最高、お前らが優勝。一回この曲を聴いてしまった人はきっと「All I need is you I need you」が脳内から離れなくなることでしょう。適度な中毒性と最近っぽさが組み合わさった本当に良い曲だ・・・。あと最近気づいたのはちゃんとした間奏がある曲が非常に好きです。間奏は休憩時間じゃなくてむしろ一番盛り上がるところじゃないですか。K-POP、こういうとこもっと力入れて欲しい。

 

 

UNI.T - 난말야


[MV] UNI.T(유니티) _ I mean(난말야)

本当にバカ・・バカバカバカバカドユニのバカ〜〜〜!!!(急なディス)ナンマリャは最高に楽しくて最高に切ないという二面性があって、イントロから””エモ””が止まりません。こういうアップテンポで短調の曲って勇敢な兄弟ソンべの専売特許だなと思うわけですが、UNI.Tというグループの解散とメンバーたちの新たな出発のための曲としてはぴったりすぎるんですよね。勇敢な兄弟の全盛期にグループ活動してたメンバーが何人もいるのも良いです。ダンスがおふざけ系にされてしまったのとMVのレトロ感が中途半端なのが気になりますが、それはそれでK-POPっぽいのかな。UNBとUNI.Tで(今の所)制作された4枚全てのアルバムに共通してK-POPっぽさが強いです。狙ってるのか否かは分かりませんが、ドユニという番組で出来たグループがK-POPっぽい曲を歌ってくれるの本当に素晴らしくないですか?素晴らしいですよね。分かります。

 

UNB - BLACK HEART


[M/V] UNB- BLACK HEART (유앤비 - 블랙하트)

この曲抜きで2018年のK-POPは語れない。散々ブログでも書いたように私のBLACK HEARTへの感情移入具合はまさに異常でした。Teaserの時点で神曲の予感を感じ取ってカムバの日にハマって一週間後にはコンサートに行くという行動力を発揮してしまうくらいには好きです。イントロからラストまでずっとうるさくて、クソエモオシャレチルタイムとか一切存在せずに3分をダッシュで走り抜けていくので3分を1分くらいに感じます。パフォーマンスは過去のSPEEDを想起させるようなアクロバティックさでハンギョルくんがフル稼働しててマジ感謝卍女子2人も良い味出してるのでマジ感謝卍この曲を作ってくれたLDN NOISEにもUNBのメンバーたちにも事務所にもKBSにも感謝するので解散させないでください。BLACK HEARTを一生見ることのできない世界、地雷です。

 

EXO - Tempo


EXO 엑소 'Tempo' MV

正直エクソがこんなにオタク好みの曲を出してくれるなんて思ってもなかったです。Teaserのダサさやプロモーションの雑さに多少の不安はありましたが、それでも曲が良いので結果オーライ。Tempoが好きすぎてアルバム収録曲にはあんまり興味ないんですけど、メンバーそれぞれのイメソンになっているらしくてとにかくオタクの趣向にコミットしすぎています。エクソの特徴である揃わないパフォーマンス、個性の強いメインボーカル陣、年々ヒップホップに染まっていくラッパー陣がこの曲でも存分に発揮されていて私が好きだった頃のエクソと何も変わらないな・・・ってエモくなりました。普通にビョンベッキョンが現役バリバリでカッコいいのに驚く。待ってもしかしてエクソってみんな顔良くないか?!(今更)

 

SF9 - MAMMA MIA!


[MV] SF9 (에스에프나인) _ MAMMA MIA

結果的にこの曲はめちゃくちゃ聴いた&思い入れが深いです。私ごとですが2月中旬に受験が終わりついにオタ活解禁か・・・!?となったところで精神を病みまして全くK-POPが聴けなくなっていました。よってNCT 2018 EMPATHYに対する思い入れがゼロ。そんな私を再びオタクの道へと導いたのがまさにこのマンマミーアだったわけです。2018年初現場のKCONもエスエプ目当てだし結局SF9が好きなんですね、私。オソレミオとマンマミアのヨーロッパ二部作(私しか呼んでない)は世間ではダサいとされがちですが、これぞSF9のアイデンティティなんだからな?ジロッソは曲としては好きだけどSF9が歌う意義は特にないと思っていて、トンチキな曲を真面目にやる神ビジュアル集団っていうヘンテコ加減が最高なんじゃんね。FNC、その路線で押し切ってみませんか?

 

 

 

 

なんか思った感じと違う10曲になっちゃった。今年もめちゃくちゃにミーハーしてし待ったな。来年はもっとアルバム曲まで聴こうと思いました。チャンチャン。おしまい。もう寝よう。

 

 

 

 

 

 

2018年 K-POP総決算<ヨドル曲>

 

2018年に好きだった女子アイドルの曲20曲です。男子よりも選ぶの難しかった。

 

第20位 GWSN / Puzzle Moon(퍼즐문)


[MV] GWSN(공원소녀) _ Puzzle Moon(퍼즐문)

 日本人アゲの風潮は気に入らないけど曲は良い。

 

第19位 Dream Catcher / YOU AND I


[MV] Dreamcatcher(드림캐쳐)_YOU AND I

 美人なTM Revolution。

 

第18位 Yubin / 숙녀(淑女)


Yubin "숙녀 (淑女)" M/V

 ベテランにしか出せない味がある。

 

第17位 Gugudan / The Boots


gugudan(구구단) - 'The Boots' Official M/V

 すっかり実力派アイドル枠。

 

第16位 OH MY GIRL / Remember me(불꽃놀이)


[MV] OH MY GIRL(오마이걸) _ Remember Me(불꽃놀이)

 女の子の夢が詰まってる。

 

第15位 GFRIEND / Sunny Summer(여름여름해)


[MV] GFRIEND(여자친구) _ Sunny Summer(여름여름해)

 メンバーの名前が歌詞に入ってるのはズルい。

 

第14位 TWICE / YES or YES


TWICE "YES or YES" M/V

 結局曲が良い。

 

第13位 fromis_9 / 두든두근(DKDK)


프로미스나인 (fromis_9) - 두근두근(DKDK) MV

今年一番バズったヨドルでは?

 

第12位 이달의 소녀(LOONA) / Hi High


[MV] 이달의 소녀 (LOONA) "Hi High"

 ルーナが王道アイドル曲でデビューする世界線に生きててよかった。

 

第11位 SOHEE / Hurry Up


[MV] SOHEE(소희) _ Hurry up (Feat. BOL4(볼빨간사춘기))

若き天才現る感。

 

第10位 DIA / 우우(WooWoo)


DIA 다이아 ‘우우(WooWoo)’ Official Music Video

顔が可愛いの威力。

 

第9位 Sunmi / Heroin(주인공)


[MV] SUNMI (선미) _ Heroine (주인공)

 強い。

 

第8位 WJSN / 부탁해(Save Me, Save You)


[MV] 우주소녀 (WJSN) - 부탁해 (SAVE ME, SAVE YOU)

 ウジュが世界を守るよ。

 

第7位 Weki Meki / Crush


Weki Meki 위키미키 - Crush M/V

 意外とみんな顔が可愛い。

 

第6位 NeonPunch / MOONLIGHT


[M/V] NeonPunch(네온펀치) 'MOONLIGHT' M/V

夏に死ぬほど聴いた。 

 

第5位 CHUNGHA / Roller Coaster


청하 (CHUNG HA) - Roller Coaster MV

 BPM早すぎて心臓に悪い。

 

第4位 Brave Girls / Rollin'(New Version)


[MV] Brave Girls(브레이브걸스) _ Rollin'(롤린) (New Version)

 神曲の神アップデート。

 

第3位 UNI.T / I mean(난말야)


[MV] UNI.T(유니티) _ I mean(난말야)

 頭を無にして聴いてほしい。

 

第2位 Apink / 1도 없어(I'm so sick)


Apink 에이핑크 1도 없어 I'm so sick Official MV

姉さんたちがこんなに好きな曲歌ってくれるの嬉しい。 

 

第1位 PRISTIN V / Get It(네 멋대로)


[MV] PRISTIN V(프리스틴 V) _ Get It(네 멋대로)

 お〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜いプレディス〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜元気〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜????????????????????

 

 

 

 

I.O.Iのオタクの方ですか?

 

 

 

 

2018年 K-POP総決算<ナムドル曲>

 

2018年の男子アイドルのタイトル曲を20曲選びました。

縛りがないと20曲中3曲がゴルチャになってしまうので、各グループから一曲限定です。

 

第20位 HALO / O.M.G


[M/V] 헤일로 (HALO) - O.M.G.

テンテンテンテンテテンテン♪(イントロ)

 

第19位 VAV / SPOTLIGHT


VAV(브이에이브이)_SPOTLIGHT_Music Video

金に物を言わす。

 

第18位 VICTON / TIME OF SORROW(伍月哀)


[MV] VICTON(빅톤) _ TIME OF SORROW(오월애 (俉月哀))

毎回曲だけは良い。

 

第17位 THE UNIT / 끌어줘


더 유닛 The Unit - 너만 있어주면 돼 TEAM BLACK의 ‘끌어줘‘.20180210

番組見てないのに泣ける。

 

第16位 IMFACT / NANANA


임팩트 IMFACT - 나나나 懦那䛔 NANANA Official M/V

渋谷の裏路地を感じる。

 

第15位 TOPSECRET / Love Story


[MV] TST(일급비밀) - LOVE STORY

イントロで頭イカれる。

 

第14位 VERIVERY / Super Special


VERIVERY - Super Special MV

まだデビューしてないの!?

 

第13位 DAY6 / days gone by(행복했던 날들이었다)


DAY6 "days gone by(행복했던 날들이었다)" M/V

80’sコンセプトに決めた人表彰したい。

 

第12位 iKON / 주겠다(KILLING ME)


iKON - '죽겠다(KILLING ME)' M/V

アイコンに求めていたもの、”コレ”だよ。

 

第11位 EXO-CBX / 花요일(Blooming Day)


EXO-CBX (첸백시) '花요일 (Blooming Day)' MV

ビョンベッキョンは偉大。

 

第10位 V.I / 셋 셀테니(1,2,3!)


SEUNGRI - '셋 셀테니 (1, 2, 3!)' M/V

スンリなのに曲が好きで悔しい。

 

第9位 VARSITY / FLOWER


VARSITY (바시티) - FLOWER MV

インストを脳内に埋め込んで欲しいくらい好き。

 

第8位 MYTEEN / SHE BAD


마이틴 MYTEEN - SHE BAD Official M/V

無限に聴ける。

 

第7位 GOT7 / Lullaby


GOT7 "Lullaby" M/V

デビュー4年目の色気。

 

第6位 SF9 / Now or Never(질렀어)


[MV] SF9 (에스에프나인) _ Now or Never(질렀어)

忖度。

 

第5位 A.C.E / Take Me Higher


A.C.E(에이스) - TAKE ME HIGHER MV

存在がおしゃれ。

 

第4位 EXO / Tempo


EXO 엑소 'Tempo' MV

王者の貫禄。

 

第3位 ONF / Complete(널 만난 순간)


온앤오프 (ONF) - Complete (널 만난 순간) MV

エモい。

 

第2位 Golden Child / 너라고(It's U)


골든차일드(Golden Child) "너라고 (It's U)" Official MV

世界一のアイドルソング

 

第1位 UNB / BLACK HEART


[M/V] UNB- BLACK HEART (유앤비 - 블랙하트)

iTunesで300回再生突破おめでとう。

 

 

来年も新人が好きだ〜〜〜〜〜〜!!!!!!

 

 

 

 

推しなるもの

 

 

 

推しへの愛をダラダラと綴ったちょっと怖い下書きが出てきたので2018年のうちに消化します。

 

以下、推しへのラブレターとなりますのでグロ注意です。

 

 

 

 

 

 

 

SF9 フィヨン

ジロッソ活のとき他グルのオタクから「エスエフナインのサビでセンターに来る長髪の子誰!?」って言われているのを見て母の気持ちになって泣いていました。推しが褒められることほど嬉しいことはない。

実は個人的には長髪否定派でして・・・マンマミア活後期くらいのチャラい感じが好きだっったんですけど、自分で髪伸ばしてよう!って決めて結果的に注目を集めることに成功したフィヨンさんが自己プロデュース能力高すぎて大好きになってしまう。

デビュー当時はパートが1行も無くてどう思ってるのかな…って少し不安に思ってたら高等ラッパーに出演したときに「悔しかったです」ってはっきり言っててやっぱり好きだなと思いました。自分で高等ラッパー出ようって決めたのエラい!いいこ!よく頑張った!早めに落ちちゃったけど出演決めてくれたことだけでも嬉しいし、審査団からも褒められてたから自信になってるといいな。エスエプではいじられキャラのマンネだけど本もたくさん読んで、色んなこと考えて、メンバーみんなと仲良くて、ときにはメンタル弱めのお兄ちゃんたちに寄り添ってあげる君が最高だよ。

今年のエスエプの現場は4月KCONと6月Zeppツアーと特典会、あと11月の特典会に行って、来年もエスエプの現場には入りたいし、相変わらずフィヨンに会いに行こうと思ってます。飽き性でギネス認定されている私としてはエスエプのことこんなに長く好きでいるなんて思ってもなかったな。実際2018年の1月から12月までほぼ同じ熱量を持って好きでいられたアイドルってエスエプしかいないと思います。

それもこれもフィヨンがめちゃくちゃ好きだからですね。顔も体格も性格も考え方も紡ぐ言葉も全部好きです。来年も健康に気をつけて忙しく過ごしてね。

 

ONF ヒョジン

なんでこんなに好きになったのかイマイチきっかけが思い出せないけど好き。勢いで行くことに決めた7月のショーケースの前日にボード作ろうと思って「ラウンちゃんかな〜・・・可愛いし・・・」って思った3秒後にワードに「효진」って打ち込んでたからきっと運命的に惹かれるものがあったんでしょう。そしてショーケースで完全に落ちた。

ヒョジンさんは生まれながらにして天才的な歌手の性質を持っているにも関わらず、その才能に気づかず謙虚に普通の人間だと思って生きてきた感じがたまらない。その才能がミクナによって自覚させられてしまった感じも良い。とにかく良い良い良い良い良さしかない。温厚で人畜無害なグループのお母さん担当。良い。ご飯がとにかく好きな感じも良い。スンジュンと11年来の友達なのも良い。ダンスに苦手意識があるのも良い。なぜか右手首に大きめのタトゥーが入っているのも良い。そしてそのタトゥーを公にできないのも良い。もう訳分かんないよ。好きになる要素しかない。今韓国でこの人に適うアイドルいなでいでしょ。

オネノプの圧倒的なセンターポジションであるはずなのに曲中では脇役に徹するし、実際前に前に出て来る性格なわけでもないパワーバランス・・・これは他のメンバーもすごいんだけどキムヒョジンが本当にすごい。オネノプの曲に共通する「僕を君の男にしてよ」「君がいて僕が完成するんだ」という”君”に依存する歌詞とか、キラキラした人たちを羨む歌詞が一番似合うのはキムヒョジンだと思ってるので、オネノプのアイデンティティ的が彼なんではないかとさえ思うことがある。来年はもっと会いに行きたいな。あと歌の仕事もっとくれ。

 

UNB / A.C.E チャン

 今年は色んなことがあって死ぬほど忙しかったであろうチャンくん。ドユニでデビューが決まり、UNBとしてデビューして、エイスの活動を横目にブラックハートでカムバックして体力的にも精神的にも大変だったと思う。なのにチャンくんは誰より元気そうにするしよく笑うしパフォーマンスの質も落ちない。どんなメンタルと体力を持って生まれたらそんなこと出来るんだ?ゆえんびの活動を疎かにしないためにエイスの活動から離れたのは良い選択だったと思うけど、やっぱり少し寂しかった。何よりエイスの4人の兄たちが寂しそうで萌えた。

 私がチャンくん好き〜〜〜!になったのは夏のエイスZeppツアーのときだった気がします。数日前に事故にあってダンスステージに参加できなかったんですよね。久々にエイスのメンバーとして参加するコンサートなのに十分なパフォーマンスが出来なくて1番悔しかったのは彼だったはずだし、実際いつもは底抜けに明るいチャンくんが悔しさを滲ませていたのがグサッて心臓に刺さった。彼がTake Me Higher前にハケるときに言っていた「はごしぷた・・・」が今でも頭から離れない。

あとエイスのマンネで家でもマンネのチャンくんは人から愛されることに何の疑いも持たないし、誰かに甘えるのがめちゃくちゃ上手い。自分で自分のことを人間ビタミンだと言えるような明るい彼のことが少し羨ましくもあり、私と根本的に何かが違う人間だから惹かれるのかな、と思う。 一生愛される人でいてほしいし、来年はもうちょっと休んで欲しい。でもエイスとしてカムバはさせてあげてほしい。

  

 

 

この三人に対する思い入れの深さは一体・・・来年も1年間好きでいられるといいね!来年はどんな推しができるかもお楽しみに!では寝ます。

 

 

 

 

 

DIAのジェニちゃんが可愛い

 

タイトルそのままです。

 

DIAのジェニちゃんがびっくりするくらい可愛い

 


DIA 다이아 ‘우우(WooWoo)’ Official Music Video

 

f:id:yukinon325:20180817013645j:plain

f:id:yukinon325:20180817013651j:plain

f:id:yukinon325:20180817013658j:plain

 

f:id:yukinon325:20180817013718j:plain

f:id:yukinon325:20180817013731j:plain

f:id:yukinon325:20180817013733j:plain

f:id:yukinon325:20180817013738j:plain

こんなに黒髪ボブが似合うなんて・・・

 

f:id:yukinon325:20180817013916j:plain

f:id:yukinon325:20180817013929j:plain

傾国の美女の爆誕です。

 

いつも通りジュウンお姉さんも可愛いよ。

f:id:yukinon325:20180817014131j:plain

f:id:yukinon325:20180817014148j:plain

 

 

 

そんなことよりDIA初一位おめでとう〜〜〜〜〜!

f:id:yukinon325:20180817014652j:plain

f:id:yukinon325:20180817014657j:plain

これで主要な2015年デビュー女子アイドルはみんな一位獲った・・・と思ってたけどまだCLCがいるのね。

ウンチェとイェビンが特に泣いてた印象。ジェニちゃんは割とあっさりしててそういう子なんだなと思いました、泣かない(泣けない)女が大好きです。

 

 

 

 

最近私もWooWooハマってました〜爽やかで良い曲だよね!

 

WooWoo

WooWoo

  • provided courtesy of iTunes

 

あとは韓国のウェブドラマA-TEENにハマっててセブチのOSTもよく聴いてます。

 

A-Teen

A-Teen

  • provided courtesy of iTunes

 

f:id:yukinon325:20180817020327j:plain

f:id:yukinon325:20180817020331j:plain

f:id:yukinon325:20180817020339j:plain

f:id:yukinon325:20180817020346j:plain

 Aprilのナウン嬢がハチャメチャに「女優さん」で最初誰かわかんなかったくらい。

ドハナ役のシンイェウンちゃんがやっぱり可愛いですけどね。黒髪ボブマンセー

 

 

 

顔が良い男たちについて頑張ってブログ書いてるのに画像探しにこだわりすぎて全然終わらない。夏休み中には終わらせたいんですがどうなることやら。